最新の資産運用情報まとめ

当サイトではまず資産運用の種類・数を紹介します。
まずはどの様な方法があるのかを把握しましょう。
その後に安全性が高い預金について解説します。
次に、人気が高い国債を紹介します。
初心者の人は投資信託を利用して運用のプロにまかせるという方法もあることを知っておくべきです。
最後に、メジャーな投資のうちの1つである株式投資について解説をします。
初心者の人が基本的な知識を身につけられるように、わかりやすく書いてありますよ。

資産運用の種類はどれくらいある?

資産運用の種類はどれくらいある? 資産運用とはその名の通り資産を運用してお金を増やすことを言います。
その種類・数は非常に多いです。
なぜなら、資産を動かしてお金を増やすという定義にあてはまればよいからです。
例えば、パチンコなどのギャンブルもこれにあてはまると言えないことはないですよね。
その種類や数は非常に多いのですべてを紹介しきれませんが、ここでは代表的な資産運用の方法について紹介したいと思います。
「投資」との違いも理解しておきましょう。
投資はお金を企業やモノに投じて利益を出す方法です。
株式投資・FX・先物取引などが代表的ですね。
投資も資産運用に含まれますが、後者はもっと広い意味を持っています。
例えば終身保険は投資ではないですが、資産運用の一種としてよく紹介されています。

銀行の預金より国債に投資して資産運用した方がお得です

銀行の預金より国債に投資して資産運用した方がお得です 1999年から始まった日銀のゼロ金利政策によって、個人の銀行預金への利息も雀の涙ほどの利回りになっています。
銀行に預け入れておけば利息だけで資産運用できたバブル時代は終わり、今は自分から積極的に資産運用をして財産を増やす時代です。
しかし投資という行為に強烈なアレルギーを感じる人もいるのも事実で、そういう人には日本や先進国の国債を買うことをおすすめします。
国債は国が発行する債券で、県や市など地方自治体が発行する地方債と合わせて公債と呼ぶこともあり、為替売買などのハイリターンは期待できなくともローリスクローリターンで運用でき、新興国でもない限り元本が返ってこないということはほとんどありません。
日本の公債には半年ごとに一定の利息が受け取れる固定利付債や、半年ごとに受け取れる利息の額が市場金利によって毎回見直される変動利付債などがあります。
銀行の定期預金よりも金利が高いうえ、株や投資信託のようにある程度まとまった資金を必要としないので、個人でも5万円くらいの少額から気軽に始められる資産運用です。
昨今では個人投資家向けに個人向け国債なども発行されており、都市銀行や証券会社で購入することができます。

資産運用に関するお役立ちリンク

資産運用

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>